Column

コラム

創業間もない企業がPRコンサルティングを必要とするワケ

自社のPRに課題を感じながら、どこからしたらいい?
広報活動に注力したいけど、やり方が分からない・・

といった経営者様のお声を聞くことが増えました。


しかし、PRコンサルティングとは、どのような業務を対応してくれるのでしょうか。
PRコンサルを受けたら、どれほどの効果的な成果が発揮されるのでしょうか。

本来、PRコンサルティングとは企業から依頼を受けてから、広報活動やPR業務におけるコンサルティングとして携わっていきます。



そして、企業の事業拡大や認知向上をお客様の課題を確認しながら進めていくものなのです。


PRコンサルのプロが伴走しながら事業発展を築いていくことが基本になります。


PRにおいて成果を上げるうえで大切なことは、メディアとのリレーションやコネクションが非常に重要になるため、これを活用できるのもPRコンサルティングの特徴の一つだと感じています。


でも、スタートアップ企業では広報活動のための専門スタッフを置くことって難しいですよね。


そのため最近では、PRコンサルティングのプロにサポートを受けるケースも少なくありません。

企業のPRコンサルティングを代行で行うメリットとはどのようなものなのでしょう?

まず言えることは、“メディア露出が増え、ブランディングや知名度UPにつながる”こと。


PR代行会社を利用する利点は、代行会社が抱える独自のコネクションで、メディアや新聞社に情報を持ち込み、取材の機会を得ることができるところです。


取材機会の獲得が増えれば増えるほど、さまざまなメディアで取り上げてもらえるようになりますよね。

つまり、「適切なタイミングで」「適切な情報を」「適切な内容で」発信することが可能になるということなんですね。


これによって、飛び込み営業のようなプッシュ型のPR活動だけではなく、意図的に発信した内容からメディア側の取材を待つプル型のPR活動でも効果を期待することができるようになります。


PR代行を担う企業はいくつもありコンサルタント選びが難しいといったデメリットはあります。


そのデメリットを解消するためには、無料相談などで一度コミュニケーションを取って、一番自社の悩みや課題に親身に寄り添ってくれる代行会社を選ぶようにするといいですね。


広報活動やPR活動は多岐に渡り、社員の負担だけが増え、生産性や売上が下がってしまうのは避けたいところだと思います。


企業様にとって質の高いPR代行会社が見つかり、コアな業務に専念できること、そして会社の生産性が増すことを願っております。

コラムトップへ戻る
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930