Column

コラム

会社のPRをしたいけど文章がニガテなあなたへ

PC

「文章をどのようにアピールしたらいいかわからない」
「アピールするための文章を書ける人が社内にいない」



このように経営者様から苦慮する様子を日々うかがっていると、チャンスを手放している可能性も見えてきました。


「会社の認知度を高めるために、自社コンテンツをつくりたい」と考える企業様も増えてきたましたが、肝心の文章に対して苦手意識を持つ経営者や社員が多い印象です。


文章をつくる人が社内にいなければ、自社コンテンツをつくるのも難しく、ほかの手法で会社の露出度を上げていかなければなりません。


ただ、個人的には自社の場合だとサイト制作よりも取り掛かりやすいプロモーション手法かなと感じています。


「マズイ!書き手なんていない」ということであれば、文章作成を専業で行う代行会社やプロの個人にマルっとお願いしてしまうのも全然アリです!


でも少し不安もありませんか?


いくら「プロだから・・」とか「文章作成に長けているから」と言っても、どこまでの効果が得られるかって正直分からないですよね。


そこで今回は制作代行やクオリティを落とさないポイントを踏まえながら、制作代行のメリットをお伝えしていきます。

iAPRコンサルティング 社長

PR文章の制作代行をお願いしたら、こんな利点があった!

1、届けたい相手に確実に届く文章がつくれる

届けたい相手にどんな言葉や表現が刺さるのか見つけるのは簡単にできることではありません。

好きな人を想いながら自分をアピールするとき「どんなふうに伝えようか」と結構苦労しますよね。

まさにラブレターのように届けたい相手のことを考え尽くして、言葉を選んでいくんですよね。


宣伝したいニュースがあるときもどのようなお客様に一番聞いてもらいたいのかをイメージします。

喜びそうな、行動したくなるような表現や構成を考え、確実に伝わる文章を仕上げていきます。

これができるのは文章制作の長けたスキルと今までの経験やノウハウを兼ね備えている人だけだと感じています。

2、長い目で見るとコスト削減になる

文章作成を代行することで費用は当然かかってしまいます。
ただ、確認してほしいところは長期と短期で見たときの費用対効果について。

社内でライターを雇う場合、以下のような負担が考えられます。

・採用までに長い時間がかかる
・採用までの人件費と労力が増える
・交通費や福利厚生費などコストがかさむ


メンバー増員と単発で依頼するのと、どちらがコスト増になるでしょう?
試算すれば、費用対効果の大小がすぐに分かるはずです。

3、検索したとき見つけてもらいやすい文章も書ける

「お客様がほしい情報を検索したらトップに出てくる文章をつくりたい」
このようなお声も数年前からいただくようになりました。


SEO記事のように必然的に狙ったお客様に向けた文章では、ターゲットとするお客様層に合わせたキーワード選択や記事作成を行うことができます。


つくった記事を上位に来させるまで時間はかかりますが
サービスの認知度が上がり販売や集客など幅広い効果が期待できるのもSEOの魅力です。


ただ、SEOに強い記事制作者は、記事の質感にバラツキがあるのも事実です。
前回のコラム参照▶︎ なぜ、ウェブサイトはSEO対策が必要だと言われるのか


メリットデメリットを理解されたうえで、依頼するかどうか判断したいものです。


正しい判断ができるよう注意しておきたいポイントもあわせてお伝えします。

iAPRコンサルティング 社長

PR文章の制作代行、ココに注意!

1、文章の品質が統一されないのはアウトかも

文章をよく見ると、文章が苦手な人でも判断できる簡単なポイントがあります。

・文末がすべて「です・ます」調
・論旨が明確になっていない

基本的な文章をつくるためのルールが統一されていない時は注意が必要です。
読み手にとって、ストレスを与えかねない文章になる可能性があるからです。


では、なぜこのようなことが起きるのでしょうか?

代行会社は複数のライターが在籍していることが多々あります。
そのため、個人の主観や今までやってきたマイルールに任せるといった代行会社様もおられます。


期待していたものと違った」、「納品後に社内で記事修正をしないといけなくなった」
など、社内の負担が思った以上にかかってしまうことも。

2、ライティングスキルのノウハウは一生育たないかも?

文章作成をどこかに依頼すれば、社内のリソースが生まれ、生産性は上がるでしょう。


しかし、代行ばかりだと社内メンバーのライティングスキルは一向に伸びることはありません。

外注費用ばかりが継続的にかかってしまい、いつまで経っても内製化できず終わることもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。


文章作成の代行なら自社コンテンツをすぐに用意でき、会社の広報が実現しそうですね。

PR文章をつくるのが苦手な方こそ試してみる価値はあるはずです。 


1本でもコンテンツが用意できれば、多くの方に会社を知っていただく機会が増やせます。


ただ、文章をつくる上で、どのような代行会社でも良いというわけではありません。


選ぶポイントは会社の考え方によって異なるかと思います。


しかし、価格や納品までのスピード感にこだわるだけでなく「親身になり会社の相談に乗ってくれるか」「SEOの高い知識や実績はあるか」などを慎重に判断すると契約後も安心でしょう。


PR文章の制作を行なってくれるピンチヒッターをどんどん活用して、会社全体の生産性を高めてみてくださいね。

コラムトップへ戻る
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031